整体で、なぜつらい症状を直すことが出来るのか

整体というと、私も昔、いわゆる整体院と呼ばれるところへ、大体、週一ぐらいのペースで通っていた時期がありました。整体に通っていた当時は、重たい荷物を運んだり、ずっと同じ体勢で、長時間立ち尽くしている仕事をしていたので、とにかく、全身のあらゆる箇所が疲労困憊していて、そのうち、めまいやふらつきなども感じてしまうようになって、なんとか、それらの症状を改善する方法はないものかと、一人で悩みを抱えていたんですね。


整体へ行くとなると、まずは、整体をしてくれる先生を探すことになりますが、当時は、今のようにインターネットも無かったので、私の場合は、電話帳で最寄りの整体院を探して、なるべく通いやすいところで、安心して施術を任せられる先生のところへ電話をかけました。その方は、女性だったので、怖いことはしないだろうと思っていましたが、やはり、電話帳の広告で、ボキボキと鳴らさない、ソフトな整体をしているという点が、決め手となりました。


整体を受けるときに、まず最初に決まってやるのが、左右の足のズレを確認すること。ベットにうつぶせになった状態で、左右の足のつま先を揃えてみると、たいていの人は、どちらか一方の足が長くなっているという話で、そういう場合には、日頃の生活習慣によって、骨盤が、左右のどちらかに傾いてしまっている状態だそうです。骨盤が歪んでいるからこそ、さまざまな症状が出るのですが、整体というのは、その歪みを直すことが、基本となるのですね。

Leave a Reply

  

  

  

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)